少子化による教育機関のいろんな問題について

現在少子化が進み、あらゆる教育機関は縮小・廃止という方向に向かっている。その中で生き残りをかけた「生徒獲り合戦」ともいうべき制度システムを学校側は作り出してきている。そしてこれらの制度は、本来人間の持つ「学ぼうとする姿勢」を奪い、格差社会を助長しているのである。

今夏私は奈良私立育英西中学高等学校の中学部に教育実習に行ってきた。我が母校も女子校という特性で女子しか募集できないことと、少子化という影響を受けて、深刻な生徒不足の問題を抱えている。当校は奈良私立育英高校(共学)の姉妹校で、「女子校」ということがアピールポイントである。そのため当校が男女共学校にする可能性はかなり低い。その中で新たな生徒募集を募る新たな進学コース「有名私大進学コース」が設立された。

このレポートではその制度によって生じている弊害、そして教員たちの苦悩をみていきたい。そしてこのような制度と社会の関わり合いについて考察していく。

食品検査で農場からはじめる安全。残留農薬、放射能検査ならつくば分析センター

きりん住宅なら不動産全般お任せ!新居浜で賃貸を探すなら

株式会社アイグラン

検索エンジンのSEOを依頼

東京の中古釣具買取りなら【鱸屋すずきや】にお任せ下さい